今回は役員室向け造作家具のご説明です。

 

昔から、社長室などのエグゼクティブルームには重厚で高級感のある木製品を導入さるオフィスが多いです。

そのようなスペースには造作家具は最適なソリューションになると思います。個室のサイズはオフィスによって様々ですし、

ユーザーの好みも様々ですので、全ての要望を反映させようとすると既製品では難しいので造作家具が最適です。

 

デザイン面では、最近では重厚感だけでは無くて、モダンなデザインや軽快なデザインをご要望されるお客様も増えています。

しかし、既製品の役員用家具は重厚感のある家具が殆どで、このような場合も造作家具は適しています。

 

ウォルナットを使った家具ですと重くなりがちですが、下の画像のように部分的に明るい色のメラミン化粧板やファブリック、

メタル素材を使用することで軽くなり過ぎずモダンな感じのデザインになります。

 

image_private office_01

 

このように私たちはお客様のご要望を聞き、お客様にとって最適なご提案をさせて頂きますので是非ご連絡ください。